堂坂とムクロジ 

日本語教師 中国~ベトナム~モルドバ  愚痴ってばかりですが、軽く流してください~

中国で日本語教師(2)

空港に到着。

いました、いました。

出迎えの先生と学生、いました。

しかし主人は、この段階でも、

まだ、

本当に大学に連れて行ってくれるのか疑っていました。

車の中で話しているうちに、

この人は大学の先生だと思えるようになり、

大学の門を入って、宿舎に案内されて、やっと本物だと確信。

15階建の10階。

部屋の中は・・・

一通りの生活に困らないものはそろっていましたが、

床から家具から、とにかく“汚い”

この部屋の前居住者は、

金髪の女性教師、禁煙者、猫を飼っていたようです。

部屋のあちこちに、金髪と煙草の吸殻が落ちているんです。

ソファーや壁に猫の爪痕が・・・

冷蔵庫の中には、溶けたアイスクリームが・・・べっとり・・・

掃除していない!

     後で知ったことですが、中国では退去時は掃除をせず、

     入居者が自ら掃除するのが一般的だそうだ。

でも、日本からはるばる新し先生が来たんだよ・・・

カルチャーショックというより、怒りが込み上げてきました。

     主人:思ってたより広いじゃん・・・

        トイレもシャワーもあるじゃん・・・

        お湯もたっぷり出るし・・・

        入口のドアは6か所も鍵が掛る・・すごい!

慰めてくれたつもりなのでしょうが、

6か所も鍵がかかるドアなんて見たことも聞いたこともない。

それだけ安全ではないということなんじゃないかな~

 

翌日からは、学生を連れて買い出しに。

掃除機、空気清浄機、炊飯器、電気調理器、電気ポット、プリンター、携帯電話

洗濯機とソファーは、あまりにも汚いので大学に返却し、新しいのを購入。

  中国では、電気製品や家具は品質が悪いのに値段は高いんです。

成田で両替した2万元はひらひらと出て行きました。

5日後、主人は帰国。

この歳にして、人生で初めての一人暮らしが、始まりました。

(つづく)

お問い合わせはこちらへ:nakazatokaizan@yahoo.co.jp