堂坂とムクロジ 

日本語教師 中国~ベトナム~モルドバ  愚痴ってばかりですが、軽く流してください~

学生のお土産 (1) ・ 気分は down & Up

2012年2月、着任早々

   会話の練習に遊びに来てね。

軽い気持ちで言ったのですが、学生たちは必ずお土産を持って来ます。

「いらない」と言っても、持って来ます。

    

   S1:お母さんが持って行きなさいと言いました。

   T:本当にいいからね。

         先生はお菓子は食べないの・・・ダイエット中

 

   S2:先生、いくらですか?

   T:いくら? お金? そんなのいらないよ。

   S2:無料は「あやしい」とお父さんが言いました。

 

   S3:故郷の学校では、先生が遊びに来なさいと言ったら、

      タバコを持っていきます。

   T:タバコ?

   S3:先生はタバコを売ります。お金です。

   T:いりません! 無料です!

       日本には外国人のための「無料」日本語教室が全国にあります。

       ボランティアの人が「無料」で教えてくれます。

                  お返しは、N1試験合格!

   S:日本人て、優しいんですね。

     N1、頑張ります!

受け取らないということは「お父さん、お母さんのメンツ」にかかわる重大な事。

まあまあ納得してもらって、気分は down & Up

日本へ行ったことのない学生は、

「無料」ということが、どうしても想像できないんです☆

        部屋のドアには、今でも張り紙が

            *無料です。

            *お土産は持ってこないでください。