堂坂とムクロジ 

日本語教師 中国~ベトナム~モルドバ  愚痴ってばかりですが、軽く流してください~

バイト敬語は間違った表現ではない~日経コラム

中国人のAさんは、コンビニの本社社員として採用され、来日。

まだ研修中で、店頭で頑張っています。

日本人の知らない日本語」というドラマでとりあげられた「バイト敬語」のことを

覚えていて、自分が使う立場になってダイアナの困った気持ちがわかったと言っていました。

    2010年に放映された「日本人の知らない日本語」というドラマは、

    日本語学習者の入門ともいえる人気のドラマです。

         このドラマでは、バイト敬語を否定的に扱っています。

 ***

日本経済新聞 2015年2月4日【実は正しいバイト敬語】

このコラムで、バイト敬語は間違った表現ではないと…

 

よろしかったでしょうか

「あなたの判断はもう聞いたはずだが、私の認識はこれで間違いないか」と自分側の事柄を確認する表現で、この表現の背景には相手への配慮がある。

 

お弁当の方

高貴な人物の奥方を「北の方」といったり、相手のことを「御前」といったりするようにエリアを指すことで対象をあいまいに表現することがマナーという考えは昔からあった。しかし自分が実際に持っているお弁当に対しあいまい表現を使うと違和感を与える。

 

1万円からお預かりします。

例えば支払いが8千円のところで1万円を出した場合、店員からすると「この1万円から8千円分を預かり、2千円は返す」という心理がはたらく。1万円から「何を」預かるかを言わない省略と考えれば間違っているとはいえない。

 

違和感を感じるのは、使い方に問題があるから。 

日本語教師としてはお恥ずかしい内容のブログになってしまいました。

詳しくは、コラムを読んでくださ~い!