読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂坂とムクロジ 

日本語教師 中国~ベトナム~モルドバ  愚痴ってばかりですが、軽く流してください~

感謝の言葉がないのは若者だから

朝の授業の学生は、ハノイ市内にある大学の学生だ。

寄せ集め大学生のクラスは、

日々…少しずつ席が移動し、

  恋が芽生えているようだ

 

工学部の学生が、日本企業に提出する採用試験用の小論文の添削をしてほしいと

言ってきた。

A4、30ページほどに、びっしりと…

わけのわからない日本語の羅列…

  冗談じゃない

  サウナの中でボランティアなどできるか

自分の大学の日本語学科の先生に頼みなさい…と

つきかえすわけにもいかず。

締切が、7月末だというので、

やんわりと、逃げた…

 

S:先生、スピーチコンテストの練習をしてください。

わたし:あなた、○○大学の日本語学科でしょう!

    自分の大学の日本語学科の先生に頼みなさい~

 

S:先生、授業時間は○時15分までですが、

  ○○先生はいつも○時20分までします。

  先生も、20分まで授業を続けてください。

  5分デモ時間が長いほうがいいです。

わたし:…わかりました…

       (だったら授業中集中しろよ!)

 

ベトナムでの日本語教師歴4年のチャラオ先生のアドバイスによると、

  甘い顔をすると、要求はエスカレートする。

  そして、それが当たり前だという態度で、感謝の言葉は無い。

ベトナムでも…そうなんだ…

中国と同じだ…

日本の大学生は…どうなのだろう…